News » お知らせ

【kioku手芸館 たんす】オリジナルプロダクト販売 スタート‼

2016年7月31日(日)更新お知らせ

【kioku手芸館 たんす】オリジナルプロダクト販売 スタート‼

7月28日(木)より「たんす」にて、地域の女性たちお手製のオリジナルプロダクトをお買い求めいただけます!

美術家・薮内美佐子と「たんす」に通う地域の女性たちを中心とした参加者との活動(2014-2015年度)から生まれた、丸織や裂き編みのオリジナルプロダクト。約2年にわたるプロジェクトの展覧会「喫茶たんす」にて実験的に販売し、好評を得たことにより、今月7/28より、毎週の開館時にいつでも購入いただけるよう、「たんす」の一角に販売コーナーを設けることにしました。

【kioku手芸館 たんす】7-8月の開館日

2016年7月 7日(木)14、21、28日 / 8月 4、18、25日お知らせ

【kioku手芸館 たんす】7-8月の開館日

「つくる」ことを軸に創造活動の拠点として活動してきた「たんす」。 7月からは、「たんす」で生まれたオリジナルグッズの販売を計画していきます。 毎週のオープン日には、毛糸や布の素材づくりと並行して、グッズの開発も行っていく予 定です。ものづくりに興味のある方、初めての方でもぜひ一度遊びにいらしてください。 ※開館時間内は出入り自由です。

【販売開始】2014 -2015 ドキュメントブック「場所」

2016年7月21日(木)更新お知らせ

2014〜2015年度にかけて「地域に根ざした創造活動拠点の実験」として、きむらとしろうじんじん、薮内美佐子、パラモデル、草本利枝、大友良英、PIKAなど、多数の美術家や音楽家と実施してきたプロジェクトの活動をまとめたドキュメントブック 「Breaker Project 2014-2015『場所』」を発行しました。
今回は、特に2011年以降取り組んできた空き家や廃校跡など地域資源を活用した創造活動拠点にテーマを置き、それぞれのプロジェクトごとに異なる切り口で活動内容を紹介しております。
2013年度までのドキュメントブックも合わせてお求めいただけますので是非、ご覧ください。

>> 購入方法はこちら


Breaker Project 2014 -2015 Document Book「場所」


documentbook2014-2015.jpg

・仕様 :B5判・48P(P.1-16、P.33-48_モノクロ/P.17-32_カラー)
・定価:1000円
・デザイン:髙橋静香
・編集:竹内厚/雨森信
・翻訳:吉村亜也子/長坂有希

-目次-
・本誌について
・場所をつくる1 座談会「作業場をつくってみる!」
・場所をつくる2 サードプレイス化するkioku手芸館「たんす」
・場所をつくる3 木造アパートからレジデンス拠点へ「新・福寿荘」
・場所をつくる4 西成・子どもオーケストラによる「いまみや・踊る・秋祭」
・まちから見た ブレーカープロジェクトの姿
・変化し続けるアートプロジェクトの現場と継続への挑戦 雨森 信
・アーティストプロフィール
・プロジェクト実施データ
......................................................



Breaker Project 2014 -2015 Document Book


documentbook2011-2013.jpg

・仕様 :A5判・44P(P.1 -24:カラー/P.25-:モノクロ)
・定価:700円
・デザイン:髙橋静香
・編集:竹内厚/雨森信
・翻訳:吉村亜也子

-目次-
・ブレーカープロジェクト ex・pots 2011-2013 について 
・梅田哲也「小さなものが大きくみえる」「O 才」  
・呉 夏枝「光のけはい、ゆらめく影」   
・大友良英「西成・子どもオーケストラ」  
・山田 亘「西成なるへそ新聞」   
・地元の声  
・街は記憶でできている
 - 新たな記憶を創造するアートプロジェクト -  伊藤俊治 
・日常化するアートの実践  雨森 信  
・座談会「3年という時間の中で育まれたもの、そしてその先へ」       
・プロジェクト実施データ        
・アーティストプロフィール 

......................................................


Breaker Project 2006 -2010 Document Book


documentbook2006-2010.jpg

・仕様 :A5判・80P・オールカラー
・定価:1,000円
・デザイン:marqmew
・編集:竹内厚/雨森信
・翻訳:吉村亜也子/つかもとやすこ


-目次-
 ・Breaker Projectとは
 ・絶滅危惧・風景 2009-2010
 ・これまでのBreaker Project 2006-2008
 ・地元の声
 ・「新世界」試論        山田創平
 ・パブリックなアートの考察   吉澤弥生
 ・持続可能なまちとアートの関係 雨森 信
 ・開催データ
 ・参加アーティストプロフィール

......................................................
購入方法

こちらより必要事項を入力し、以下の項目内容を追記のうえ、ご連絡ください。
折り返し、振込先をご連絡いたします。

[問い合わせ目的]「商品・発行物等の購入」を選択
[メッセージ欄追記内容]送付先郵便番号・住所/購入希望本・冊数

購入代金=本代+送料

単価
「Breaker Project 2014-2015|場所...1,000円
「Breaker Project 2011-2013   ......700円
「Breaker Project 2006-2010   ...1,000円

セット価格
3冊セット...2,400円
2冊セット...合計金額より200円引き

送料...97円(クロネコDM便)
※5冊以上購入希望の方は送料が別途必要となります。
   


【きむらとしろうじんじん】作業場あいてます!−実験その6−

2016年7月23日(土)お知らせ

【きむらとしろうじんじん】作業場あいてます!−実験その6−

旧今宮小学校にて発見された陶芸窯を中心として、美術家のきむらとしろうじんじんらとともに地域に開かれた作業場づくりを実験的に行うプロジェクト。
今回は、今宮地域で10年続いている「あいあい祭」※1の開催に合わせて「作業場」をオープンします!

【kioku手芸館 たんす】5-6月の開館日

2016年5月19日(木)26日 / 6月2、9、16、23、30日お知らせ

【kioku手芸館 たんす】5-6月の開館日

今年度の「たんす」は、空間づくりからスタートします。まずは、ものづくりの拠点として、毛糸、布、糸などの素材や道具を整理し、さらに居心地よく使い勝手のよい「たんす」のスペースをつくるところから。新たにスタートする活動の準備をみなさんと進めていきたいと思います。初めての方もどうぞお気軽にお立ち寄りください。 ※開館時間内は出入り自由です。

【きむらとしろうじんじん】作業場あいてます!−実験その6−

2016年5月22日(日)、6月26日(日)お知らせ

【きむらとしろうじんじん】作業場あいてます!−実験その6−

旧今宮小学校にて発見された陶芸窯を中心に、昨年の4月より美術家のきむらとしろうじんじんらとともに、校庭に残る陶芸窯を中心として地域に開かれた作業場づくりを実験的に行ってきました。5月以降も継続的に「作業場」をオープンします!

【薮内美佐子】展覧会「喫茶たんす 雑音の界隈の鼻歌が 雑音の彼方の鼻歌に 変わるさま」

2016年3月17日(木)〜21日(月・祝)【kioku手芸館「たんす」】お知らせ

【薮内美佐子】展覧会「喫茶たんす 雑音の界隈の鼻歌が 雑音の彼方の鼻歌に 変わるさま」<br>

美術家の薮内美佐子が、<kioku手芸館「たんす」>を拠点に約2 年にわたって継続してきたプロジェクトの展覧会を開催します。

【きむらとしろうじんじん】作業場をつくってみる!−春支度のススメ−

2016年3月19日(土)、20日(日)、21日(月・祝)お知らせ

【きむらとしろうじんじん】作業場をつくってみる!−春支度のススメ−

少し暖かくなる3月は3日間連続で「作業場」をオープンします。春支度をしながら、作業場の今後について、みなさんと共にいろいろ考えたいと思います。

【新・福寿荘|中塚智】SpringWoodRiver 第3章より-ドラムの回想-

2016年2月22日(月)更新お知らせ

【新・福寿荘|中塚智】SpringWoodRiver 第3章より-ドラムの回想-

015年1月より創造活動拠点「新・福寿荘」の入居者として制作活動を開始した美術家・中塚智が、207号室の空間を活用し展覧会を開催します。
詳しくは、専用ホームページをご覧ください。

【草本利枝】写真展 + 連続トーク「ニシナリにfenceはないと猫は言う」

2016年3月 1日(火)〜3月12日(土)お知らせ

【草本利枝】写真展 + 連続トーク「ニシナリにfenceはないと猫は言う」

2011年より西成区山王を拠点に、地域に根ざした創造活動を展開してきたブレーカープロジェクトは、写真家・草本利枝によるこのまちの撮り下ろし作品を発表するとともに、展示空間に「話す場」を併設し、様々なゲストを招いて連続トークを開催します。

これまで、故郷である大分県別府や東日本大震災以降の宮城県女川町など、長期に渡って場所や人と向き合い、幾重にも重なる記憶の層を想起させる写真を撮り続けてきた草本。今回は西成のまちに滞在し、ここで暮らす人や訪れる人々、様々な人生が交差するまちの記憶をたどりながら、変わりつつある西成の「いま」を記録。風景、スナップ、ポートレートのほか、ここで出会った人々からお借りした昔の写真も合わせて展示します。

「話す場」では、本展アーティストの草本利枝のほか、「地域に根ざした創造活動拠点の実験2014-2015」に関わったアーティストを交え、そのプロセスを振り返るトークを実施します。また、社会学、地域福祉、教育など、他領域の研究者や実践者を招き、この場所や地域と関わるアートプロジェクトについて、多角的に掘り下げていきます。展覧会と共に是非ご参加ください。

>> フライヤーはこちら
>>「連続トーク」詳細はこちら


■開催概要 / / / / / / /

草本利枝 写真展+連続トーク
「二シナリにfenceはないと猫は言う」

会 期|2016年3月1日(火)〜12日(土)11:00-19:00 ※休館日:7日(月)
料 金|無料(トークは別途有料)
会 場|大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco] 1F
アクセス|地下鉄千日前線/中央線「阿波座駅」⑧番出口より西へ約150m ※MAPはこちら

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013/2014-2015」
サポートスタッフ募集

Archives