» BreakerProject 2016

大阪市立大学主催「アートの活用形?」連携事業
地域に根ざした創造活動拠点の実験「作業場あいてます!」

2016年12月18日(日)お知らせ

大阪市立大学主催「アートの活用形?」連携事業<br>地域に根ざした創造活動拠点の実験「作業場あいてます!」

旧今宮小学校にて発見された陶芸窯を中心として、美術家のきむらとしろうじんじんらとともに地域に開かれた作業場づくりを実験的に行うプロジェクト。昨年の4月より、定期的に場を開いてきました。

【kioku手芸館たんす】11-12月の開館日

2016年11月 2日(水)9,16,30日,12月7,14,22日お知らせ

【kioku手芸館たんす】11-12月の開館日

「つくる」ことを軸に創造活動の拠点として活動している「たんす」。
11月からは美術家・西尾美也を迎え、新たなプロジェクトがスタートします!

また、毎週のオープン日にはタンスに眠っていた毛糸や布を使い、地域の女性たちのアイデアや工夫が盛り込まれたオリジナルプロダクトをお買い求めいただけます。

ものづくりに興味のある方、初めての方でもぜひ一度遊びにいらしてください。 

【kioku手芸館 たんす】西尾美也プロジェクト・スタート

2016年11月 1日(火)更新お知らせ

【kioku手芸館 たんす】西尾美也プロジェクト・スタート

[プロジェクト実施期間]2016年5月〜2018年3月


西成区・山王の北門通り沿いにある元タンス店を清掃・改装し、2012年12月にオープンしたkioku手芸館「たんす」は、美術家・呉夏枝と取り組んだワークショップのプロセスから派生して生まれたスペースです。2014年度からは、美術家・薮内美佐子を招き、「つくる」ことを軸にした創造活動拠点として、約2年間にわたるプロジェクトを展開してきました。

オープンから4年目を迎え、地域に定着しつつある「たんす」では、地域の人々(コアメンバー)が運営の担い手になることをめざし、地域に根ざした創造活動拠点の在り方を探っていきます。
今年度は、まずものづくりの拠点として、素材の整理や使い勝手の良い空間づくりをスタート。
毎週オープンに加え、地域の女性たちによる手作りのオリジナルプロダクトの開発と販売をめざし、月イチ程度の週末オープンも計画中。

2016年11月から、美術家・西尾美也を迎え新たなプロジェクトがスタートいたしました。
今後の「たんす」にご期待ください!

これまでの活動|2011-2013年度 / 呉 夏枝2014-2015年度 / 薮内美佐子

大阪市立大学主催「アートの活用形?」連携事業
地域に根ざした創造活動拠点の実験「作業場あいてます!」

2016年9月17日(土)お知らせ

大阪市立大学主催「アートの活用形?」連携事業<br>地域に根ざした創造活動拠点の実験「作業場あいてます!」<br6

9月より再び、毎月1回オープンしていく「作業場」。
旧今宮小学校にて発見された陶芸窯を中心として、美術家のきむらとしろうじんじんらとともに地域に開かれた場を作っていこうと行っている実験的プロジェクトです。

【西成・子どもオーケストラ】11/12(土)ワークショップ@山王あそぱー

2016年11月12日(土)お知らせ

【西成・子どもオーケストラ】11/12(土)ワークショップ@山王あそぱー

2012年よりスタートした「西成・ 子どもオーケストラ」では、 地域の活動として定着していくことをめざし、継続してプロジェクトを展開しています。
今回は、西成区内の公園であそびを通じた居場所づくりを行っている「にしなりあそぼパーク★プロジェクト」と連携し、山王みどり公園で開催するあそぱーにて、ワークショップを実施することになりました。前回のにしなりジャガピーパークに引き続き、ミュージシャンにアフリカンマリンババンド「ンコシ・アフリカ」 を迎え、アフリカンパーカションのワークショップを行います。

【西成・子どもオーケストラ】ワークショップinにしなりジャガピーパーク

2016年9月19日(月)お知らせ

【西成・子どもオーケストラ】ワークショップinにしなりジャガピーパーク

西成区の子どもを対象にした即興音楽のワークショップとして2012年より始動した「西成・子どもオーケストラ」。今年度のワークショップ第一弾は、もと津守小・幼稚園で展開しているプレーパーク事業「にしなりジャガピーパーク」にて実施します。
今回は、アフリカンマリンババンド「ンコシ・アフリカ」を講師にむかえ、アフリカンパーカションのワークショップを行います! 楽譜が読めなくても、音楽の授業が苦手でも大丈夫。演奏の経験や上手下手は問いませんので、どなたでもぜひご参加ください!

【kioku手芸館 たんす】オリジナルプロダクト販売 スタート‼

2016年7月31日(日)更新お知らせ

【kioku手芸館 たんす】オリジナルプロダクト販売 スタート‼

7月28日(木)より「たんす」にて、地域の女性たちお手製のオリジナルプロダクトをお買い求めいただけます!

美術家・薮内美佐子と「たんす」に通う地域の女性たちを中心とした参加者との活動(2014-2015年度)から生まれた、丸織や裂き編みのオリジナルプロダクト。約2年にわたるプロジェクトの展覧会「喫茶たんす」にて実験的に販売し、好評を得たことにより、今月7/28より、毎週の開館時にいつでも購入いただけるよう、「たんす」の一角に販売コーナーを設けることにしました。

【kioku手芸館 たんす】7-8月の開館日

2016年7月 7日(木)14、21、28日 / 8月 4、18、25日お知らせ

【kioku手芸館 たんす】7-8月の開館日

「つくる」ことを軸に創造活動の拠点として活動してきた「たんす」。 7月からは、「たんす」で生まれたオリジナルグッズの販売を計画していきます。 毎週のオープン日には、毛糸や布の素材づくりと並行して、グッズの開発も行っていく予 定です。ものづくりに興味のある方、初めての方でもぜひ一度遊びにいらしてください。 ※開館時間内は出入り自由です。

【青田真也】プロジェクトスタート!

2016年7月 1日(金)更新お知らせ

【青田真也】プロジェクトスタート!

[プロジェクト実施期間]2016年7月〜2017年3月


創造活動拠点<新・福寿荘>の元居住空間という特性を活かしたレジデンス事業として、2016年度より美術家・青田真也を迎え、プロジェクトをスタートします。
青田は、西成区のさまざまな場所に足を運び、長きに渡り培われてきたものづくりの技術や道具、また地域に潜在する資源(人、場所、記憶など)を掘り起こしていくなかで、それらを独自の視点で捉え直し、作品へと昇華していきます。2018年3月には、約2年のプロセスを経て生み出された作品を発表する予定です。
リサーチも含めた制作過程のなかで、地域の人々や場所と出会いながら活動が連鎖していくことで、西成のまちに潜在する可能性を多様な視点で再発見する機会となることを期待します。

【きむらとしろうじんじん】作業場あいてます!−実験その6−

2016年7月23日(土)お知らせ

【きむらとしろうじんじん】作業場あいてます!−実験その6−

旧今宮小学校にて発見された陶芸窯を中心として、美術家のきむらとしろうじんじんらとともに地域に開かれた作業場づくりを実験的に行うプロジェクト。
今回は、今宮地域で10年続いている「あいあい祭」※1の開催に合わせて「作業場」をオープンします!

 1 |  2 |  3 |  4 | ALL
ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013/2014-2015」
サポートスタッフ募集

Archives