Project

新・福寿荘|青田真也

Breaker Project 2016-2017

新・福寿荘|青田真也

[プロジェクト実施期間]2016年7月〜2017年3月


創造活動拠点<新・福寿荘>の元居住空間という特性を活かしたレジデンス事業として、2016年度より美術家・青田真也を迎え、プロジェクトをスタートします。
青田は、西成区のさまざまな場所に足を運び、長きに渡り培われてきたものづくりの技術や道具、また地域に潜在する資源(人、場所、記憶など)を掘り起こしていくなかで、それらを独自の視点で捉え直し、作品へと昇華していきます。2018年3月には、約2年のプロセスを経て生み出された作品を発表する予定です。
リサーチも含めた制作過程のなかで、地域の人々や場所と出会いながら活動が連鎖していくことで、西成のまちに潜在する可能性を多様な視点で再発見する機会となることを期待します。

Topics

Breaker Project 2016-2017

青田真也- AOTA Shinya

美術家。1982年大阪府生まれ。愛知県在住。2006年京都精華大学芸術学部造形学科版画専攻卒業。2008年愛知県立芸術大学大学院美術研究科油画専攻修了。
既製品や空間の表面をヤスリで削り、見慣れた表層を奪い去ることで、それらの本質や価値を問い直す作品を制作。主な展覧会に「あいちトリエンナーレ2010」(愛知/2010)、「日常/オフレコ」神奈川芸術劇場(神奈川/2014)、「MOTアニュアル2014」東京都現代美術館(東京/2014)、個展「Shinya Aota 2014」青山|目黒(東京/2014)。http://www.shinyaaota.com/


主催:ブレーカープロジェクト実行委員会
助成:一般財団法人地域創造/公益財団法人福武財団
/損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)*2016年度
/公益社団法人企業メセナ協議会 2021 芸術・文化による社会創造ファンド*2017年度
ディレクター:雨森信|事務局:松尾真由子/高岩みのり/室谷智子

logo2016-17.png   

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013/2014-2015」
サポートスタッフ募集