News » お知らせ

【作業場@旧今宮小学校 】2022年4~6月のオープン日

2022年4月29日(金)・5月28日(土),29日(日)・6月18日(土),19日(日)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校 】2022年4~6月のオープン日

photo:草本利枝

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから90歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【ちょちょヴァナ】春の本番 開催のお知らせ

2022年3月20日(日)・26日(土)お知らせ

【ちょちょヴァナ】春の本番 開催のお知らせ

フライヤーダウンロード
川村文化芸術振興財団のソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成を受けて、きむらとしろうじんじんと取り組むプロジェクト「ちょちょまうヴァナキュラー 〜にしなり+路上+野点+屋台(略称:ちょちょヴァナ)」では、3月に予定している春の本番「ちょちょヴァナ その2・その3」の会場がようやく確定。開催に向けて準備を進めています。
「ちょちょヴァナ」とは、地域内外のみなさんが考える多種多様な 「魅力の予感」を路上に持ち出し、表現の場として活用していくことで公共空間の在り方を再考していこうというものです。
当日は、きむらとしろうじんじん「野点(のだて)」とともに地元高校生や地域の方たちが「妄想屋台」を披露します!
どなたでもご参加いただけますので、ぜひお立ち寄りください!

【TRA-TRAVEL】展覧会「[Co-mirroring コ・ミラーリング] - 共にうつしあう-」

2022年2月11日(金)~3月13日(日)お知らせ

 【TRA-TRAVEL】展覧会「[Co-mirroring コ・ミラーリング] - 共にうつしあう-」

フライヤーダウンロード
ブレーカープロジェクトでは、Yukawa-NakayasuとQenji Yoshidaを迎えて、「[Co-mirroring コ・ミラーリング] - 共にうつしあう-」というテーマのもと、二つの展覧会「Dear」と「来日」を開催いたします。
個々の作家活動にくわえて、"観光と人の動線を生み出す"アートハブ「TRA-TRAVEL」の共同代表としてアジアのネットワークを独自に展開し、海外での活動も多い二人ですが、今回は普段の生活圏である西成区において、約1年半かけてリサーチを行いながら、創作活動を進めてきました。その過程で両アーティストが着目したのは「他者との身体的/心理的距離」、そして「共感」についてです。Yukawa-Nakayasuは、飛田新地料理組合の古写真から肖像画を描くことや、地域の人々の夢を集める行為を通して、コロナ禍で他者と隔絶された時勢に「未来の親愛なる人と出会う方法」について思いを巡らします。一方、Qenji Yoshidaは、フィールドワークで出会った在日中国人との交流を通して、言語や価値観の違い、そこから生まれる摩擦やズレに着目しつつ、異文化の共存や折衷を想像することから作品制作を行いました。
通底するテーマのもと、二名のアーティストが異なるアプローチと表現方法で結実させる二つの展覧会をご高覧いただければ幸いです。

【作業場@旧今宮小学校・西成・子どもオーケストラ 】1・2月の予定

2022年1月28日(金),29日(日)・2月19日(土),20日(日)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校・西成・子どもオーケストラ 】1・2月の予定

photo:金サジ

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから90歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【ちょちょヴァナ】おさんぽ大会+説明会(5)~(7)のお知らせ

2021年12月18日(土)1月22(土),23(日)お知らせ

【ちょちょヴァナ】おさんぽ大会+説明会(5)~(7)のお知らせ
photo:草本利枝

きむらとしろうじんじんと取り組むプロジェクト「ちょちょまうヴァナキュラー 〜にしなり+路上+野点+屋台(略称:ちょちょヴァナ)」では、秋の本番が終了し、次は来年3月の開催に向けて、準備を進めているところです。引き続き春の本番でも一緒に活動いただける方を募集しています!

「ちょちょヴァナ」とは、地域内外のみなさんが考える多種多様な 「魅力の予感」を路上に持ち出し、表現の場として活用していくことで公共空間の在り方を再考していこうというものです。
「ちょちょヴァナ」がどんなプロジェクトなのか気になる方や、じんじんの「野点」を手伝いたいという方等々、老若男女、経験は問いません。
興味のある方は下記「おさんぽ大会+説明会」にぜひご参加ください。

【作業場@旧今宮小学校・西成・子どもオーケストラ 】10~12月の予定

2021年10月17日(日)・11月20日(土)・12月25日(土),26日(日)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校・西成・子どもオーケストラ 】10~12月の予定

photo(右):金サジ

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから90歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【ちょちょヴァナ】秋の本番「ちょちょヴァナ その1」開催のお知らせ

2021年10月31日(日)お知らせ

【ちょちょヴァナ】秋の本番「ちょちょヴァナ その1」開催のお知らせ

きむらとしろうじんじんと取り組むプロジェクト「ちょちょまうヴァナキュラー 〜にしなり+路上+野点+屋台(略称:ちょちょヴァナ)」では、秋の本番「ちょちょヴァナ その1」を開催します!
「ちょちょヴァナ」とは、地域内外のみなさんが考える多種多様な 「魅力の予感」を路上に持ち出し、表現の場として活用していくことで公共空間の在り方を再考していこうというものです。
当日は、きむらとしろうじんじん「野点(のだて)」とともに地元高校生や地域の方たちが「妄想屋台」を披露します!
どなたでもご参加いただけますので、ぜひお立ち寄りください!
*会場が変更になりましたのでご注意ください。

【ちょちょヴァナ】プレスリリース第2弾「秋の本番について」

2021年9月30日(木)更新お知らせ

「ちょちょまうヴァナキュラー 〜にしなり+路上+野点+屋台」では、プレスリリース第2弾を掲載しました。
10月31日(日)に開催を予定している秋の本番についてのお知らせとなります。
詳細はプレスリリース第2弾をご確認いただき、告知・取材のご検討お願いいたします。

  • [PDF]
  • [参考資料(PDF)]
  • 会場変更のお知らせ(2021.10.21)[PDF]
  • *プレスリリース第1弾や、その他のプロジェクト情報はこちらをご覧ください。

    【ちょちょヴァナ】「野点」サポートスタッフ募集のお知らせ

    2021年9月23日(木)・10月31日(日)お知らせ

    【ちょちょヴァナ】「野点」サポートスタッフ募集のお知らせ
    photo:草本利枝

    きむらとしろうじんじんと共に実施している新たなプロジェクト「ちょちょまうヴァナキュラー 〜にしなり+路上+野点+屋台(略称:ちょちょヴァナ)」では、秋と春の本番に「野点のサポートスタッフとして参加いただける方を引き続き募集しています!
    興味のある方は、本番に向けて、実際に「野点」の作業を体験する「野点スタッフ体験説明会」、及び秋の本番を以下の通り実施予定ですので、ぜひご参加ください!
    老若男女、経験は問いません。来年の春の本番も含めて長期的に関わっていただける方大歓迎です。

    【作業場@旧今宮小学校・西成・子どもオーケストラ 】7~9月の予定

    2021年7月17日(土),18日(日)・8月21日(土)・9月19日(日)お知らせ

    【作業場@旧今宮小学校・西成・子どもオーケストラ 】7~9月の予定

    photo(右):金サジ

    <作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
    小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから80歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
    「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
    見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

    ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013」
    サポートスタッフ募集

    Archives