Project

レジデンス事業|TRA-TRAVEL(Yukawa-Nakayasu・Qenji Yoshida)

Breaker Project 2020-2021

レジデンス事業|TRA-TRAVEL(Yukawa-Nakayasu・Qenji Yoshida)

大阪を拠点に活動するYukawa-NakayasuとQenji Yoshidaを迎えて、新たなプロジェクトが始動しました。
個々に作家活動を展開するだけでなく、"観光と人の動線を生み出す"アートハブ「TRA-TRAVEL」の共同代表でもあり海外との行き来も多い二人ですが、普段の生活圏はブレーカープロジェクトの活動拠点である西成区に隣接するところにあります。その地の利を活かし、約1年半ほどのレジデンス期間に、フィールドワークやインタビューなどのリサーチを行いながら、作品制作を進めていきます。
新型コロナウイルス感染症の出現により、大きく変化した私たちの生活、なかでも他者との接触・関わりについて焦点をあてて再考していく予定です。

Topics

Breaker Project 2020-2021

Yukawa-Nakayasu
1981 年大阪生まれ。歴史や習俗や習慣をもとに、社会や身体、日常に内在している営為を視覚化する作品を制作。 2018 年に The 12th Arte Laguna Prize 大賞受賞 ( Arsenale, ヴェネツィア )、2017 年に『Japanese Connections』( Nikolaj Kunsthal, コベンハーゲン ) など。近年では、2019 年『間合いの良さ - コレクション 考察 -』( 大阪府立江之子島文化芸術創造センター , 大阪 )、2020 年『ポスト LCC 時代の  』( 京都芸術センター , 京都 )とキュレーションを手がける。また 2019 年からアートハブ TRA-TRAVELを立ち上げ活動する。http://yukawanakayasu.net/

Qenji Yoshida
1982年大阪生まれ。言語、翻訳、対話などをテーマに、間違いや誤解を積極的に採用することで国内外で作品制作を行う。2020年文化庁新進芸術家海外研修生として台湾にて滞在制作。主な展覧会に2020年「In Teleland」(宝蔵巌国際芸術村、台北)、2018年「行為の編纂」(TOKAS本郷、東京)、2017年「DELIKADO PELIGROSO」(MATADERO MADRID、マドリード)。近年はアートハブTRA-TRAVELとしてキュレーションや、ワークショップの企画・運営などを手がける。https://www.qenjiyoshida.com/

TRA-TRAVEL
"観光と人の動線を生み出す"大阪を拠点とする新たなアートハブ。 主に来日したアート関係者や研究者と相互交流をはかる事から"展覧会"、"アートツアー"、"アーティストトー ク"などの企画を行っています。そして日本におけるグローバル化において見落とされている可能性を探る事、 また海外で起きている先駆的な活動を取り上げ相互交流をはかる事から、"社会に新たな状況"を作りあげます。https://www.facebook.com/TRA.TRAVEL.ART/


主催:ブレーカープロジェクト実行委員会(大阪市、NPO法人記録と表現とメディアのための組織、一般社団法人brk collective)
助成:一般財団法人地域創造 
ディレクター:雨森信 
事務局:松尾真由子、高岩みのり

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013」
サポートスタッフ募集