web-2020_650.jpg きむらとしろうじんじん - 作業場@旧今宮小学校 西成・子どもオーケストラ きむらとしろうじんじん - 作業場@旧今宮小学校

Topics

【作業場@旧今宮小学校 】4月中止 / 5〜6月の予定

2021年4月29日(木)・5月29日(土),30日(日)・6月26日(土),27日(日)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校 】4月中止 / 5〜6月の予定

photo:草本利枝

※4月の「作業場」については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から中止といたします。

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから80歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【レポート】3月の<作業場>

2021年4月27日(火)更新レポート

【レポート】3月の<作業場>

photo:草本利枝

3月は2日間とも春らしいお天気のなかでのオープンとなりました。
陶芸では、くず土の再生作業のほか「作業場」でつくるお茶試飲用のカップづくりの試作をしてみたり、畑では、雑草だらけだった場所を耕し、コンポストの土を混ぜて整地、地域の方に譲ってもらったスイスチャード、ふきのとうなどを植えました。剪定したユーカリの木は積み木の作業スペースの日除けに!?

【ちょちょヴァナ】おさんぽ大会+説明会のお知らせ

2021年6月19日(土),20(日),7月31(土),8月1(日)お知らせ

【ちょちょヴァナ】おさんぽ大会+説明会のお知らせ

5月22・23日に予定していたおさんぽ大会+説明会は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止の観点から延期といたします。日程等詳細が確定しましたら、改めて<お知らせいたします。

川村文化芸術振興財団のソーシャリー・エンゲイジド・アート支援助成を受けて、きむらとしろうじんじんと共に実施する新たなプロジェクト「ちょちょまうヴァナキュラー 〜にしなり+路上+野点+屋台」(略称:ちょちょヴァナ)の準備が始動します!「ちょちょヴァナ」とは、地域内外のみなさんが考える多種多様な 「魅力の予感」を路上に持ち出し、表現の場として活用していくことで公共空間の在り方を再考していこうというものです。
「ちょちょヴァナ」では、2022年春の本番に向けて、一緒に活動いただけるプロジェクトメンバーを募集します!まずは、「野点」や「ちょちょヴァナ」のあれこれを解説する説明会と、「ちょちょヴァナ」本番にむけて、開催場所を探すおさんぽ会を実施いたしますので、興味のある方はぜひご参加ください。老若男女、経験は問いません。みなさんのご参加お待ちしております!

【TRA TRAVEL】Yukawa-Nakayasuの制作ノートを公開します。

2021年2月28日(日)お知らせ

【TRA TRAVEL】Yukawa-Nakayasuの制作ノートを公開します。

2022年春に予定している展覧会に向けて、リサーチを始動したYukawa-NakayasuとQenji Yoshida。そのプロセスにおいてYukawa-Nakayasu(以下,Y-N)の「制作ノート」を公開することになりました。

【レポート】2月の<作業場>

2021年3月 9日(火)更新レポート

【レポート】2月の<作業場>

2月は2日間とも晴天のなかでのオープンとなりました。
陶芸では、先月窯焚きしたものの窯出しのほか、次回の窯焚きに向けて窯場掃除や固くなってしまった粘土をこねたりなど。

【終了しました】ラウンドテーブル「アート×場づくり 創造の場が生み出す人のつながり」開催!

2021年3月20日(土)お知らせ

【終了しました】ラウンドテーブル「アート×場づくり 創造の場が生み出す人のつながり」開催!

ブレーカープロジェクトでは、2011年より西成区を拠点に空き家や空き店舗、廃校跡などを活用し、地域に開かれた創造の場づくりに取り組んでいます。 なかでも、美術家・きむらとしろうじんじんを中心に始動した廃校跡でのプロジェクト「作業場@旧今宮小学校」(2015年〜)では、魅力的な作業を生み出し、誰もが立ち寄りたくなる場をめざして継続した活動を展開することで、未就学児から80代までの多世代が集まるサードプレイスを形成しつつあります。

【作業場@旧今宮小学校 】1〜3月の予定

2021年1月23日(土),24日(日)・2月13日(土),14日(日)・3月13日(土),14日(日)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校 】1〜3月の予定

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから80歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【レポート】1月の<作業場>

2021年2月12日(金)更新レポート

【レポート】1月の<作業場>

1月は2日間とも雨が降りやまないなかでのオープンとなりました。
参加者は少なかったのですが、これまでなかなか手の回っていなかった道具や備品の整理をコアメンバーとじっくり取り組むことができました。

【レポート】12月の<作業場>

2021年1月22日(金)更新レポート

【レポート】12月の<作業場>

年の瀬も押し迫った12月末。野点ツアーを終えたじんじんさんも久々に参加して2日連続での<作業場>オープンとなりました。
陶芸では、11月に窯焚きしたものの窯出しや、土の再生作業、道具の整理などを行いました。
また、11月の「いまみや・ちょちょヴァナ・ひろば」でスタッフとして参加した今宮工科高校の生徒が、引き続き<作業場>にも参加。火を起こすのは初めてという2人がダルマストーブの火の番に。火のおこし方や薪の大きさ、くべ方、安全性への配慮など、試行錯誤しながら、場のつくり方を考えていました。

【レポート】11月の<作業場>

2020年12月23日(水)更新レポート

【レポート】11月の<作業場>

今回は朝から陶芸の窯焚きをしました。
朝の8時過ぎに火を点け、徐々に温度をあげ1230℃に到達。18時半頃に無事終了。12月の<作業場>で、窯出しをします!

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013」
サポートスタッフ募集