sagyoba_top.jpg

Topics

【作業場@旧今宮小学校・西成子どもオーケストラ 】2022年11~12月のオープン日

2022年10月15日(土),11月20日(日),12月24日(土)・25日(土)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校・西成子どもオーケストラ 】2022年11~12月のオープン日

photo(右):麥生田兵吾

11/20(日)の「西成・子どもオーケストラ」では、久々にテニスコーツのさやさんと、スペシャルゲストとして、ドイツ・ミュンヘンより新型ブラスバンド、ホッホツァイツカペレのみなさんをお迎えします!

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから90歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【レポート】2022年10月の<作業場>

2022年11月18日(金)更新レポート

【レポート】2022年10月の<作業場>

10月の作業場は、ちょっと暑いくらいの晴天のなかのオープンとなりました。

【レポート】2022年9月の<作業場>

2022年10月14日(金)更新レポート

【レポート】2022年9月の<作業場>

9月の作業場は早朝から陶芸の窯焚きでスタート。13:00からは窯を焚きつつ再生した土で成形、絵付け。次の窯焚きは年末かな?

【ちょちょヴァナ】2022・秋〜野点+妄想屋台+作業場〜 開催のお知らせ

2022年10月30日(日)お知らせ

【ちょちょヴァナ】2022・秋〜野点+妄想屋台+作業場〜 開催のお知らせ

きむらとしろうじんじんと、昨年度より取り組むプロジェクト<ちょちょまうヴァナキュラー(略称:ちょちょヴァナ)」。昨年秋と今年の春に3カ所での開催を経て、2022年度は10月30日に「旧今宮小学校」で行うことになりました!
「ちょちょヴァナ」とは、地域内外のみなさんが考える多種多様な 「魅力の予感」を路上に持ち出し、表現の場として活用していくことで公共空間の在り方を再考していこうというものです。昨年度は、5月からおさんぽ大会と称して西成のまちを何度も歩いて見つけた場所が会場となって、10月に「今宮つながりひろば」、今年3月には「天下茶屋駅前」、「大きな木のある空き地」と3カ所での開催。今回の会場となる旧今宮小学校は、2015年に閉校後、地域に開かれた創造活動拠点をつくろうと、ブレーカープロジェクトが取り組む「作業場」のベースとなる場所です。

前回から引き続いて、今宮工科高校の生徒たちや今池子どもの家の子どもたちが、当日に向けて妄想屋台を準備中。3月に大好評だった子どもたちが案内するまち歩きツアーもあるかも!?
どなたでもご参加いただけますので、ぜひお立ち寄りください!

【レポート】2022年8月の<作業場>

2022年9月13日(火)更新レポート

【レポート】2022年8月の<作業場>

8月の作業場、夏の暑さのピークは少し超えた?とはいえまだまだ暑い1日でした。
この日は比較的大人の参加者が多く、ふらりと立ち寄っていかれる初参加の方もちらほら。

【レポート】2022年7月の<作業場>

2022年8月24日(水)更新レポート

【レポート】2022年7月の<作業場>

photo:麥生田兵吾

猛暑のなかのオープン日となった7月の作業場。
陶芸では6月に窯焚きした分の窯出し。割れたり弾けたりしたものもなく無事焚けた模様。
窯場の掃除をして次回に備えます。

【作業場@旧今宮小学校 】2022年7~9月のオープン日

2022年7月16日(土),17日(日)・8月28日(日)・9月17日(土)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校 】2022年7~9月のオープン日

photo(右):金サジ

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから90歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

【募集中!】2022年度/インターン・サポートスタッフ

2022年8月10日(水)更新お知らせ

ブレーカープロジェクトでは、現在3つのプロジェクトが進行中です。プロジェクトの運営やアーティストの作品制作の補助など、様々な形でサポートしていただけるスタッフを募集しています。地域と関わるアートプロジェクトに運営側で関わってみたいという方、アートマネジメントやプロデュースを学んでいる方、またそれ以外の興味で参加を希望される方でも、応募方法をご覧いただきメールにてご連絡ください。

【レポート】2022年4~6月の<作業場>

2022年7月14日(木)更新レポート

【レポート】2022年4~6月の<作業場>

2022年度も継続して<作業場>オープンしています!久々のオープン日となった4月。
春になり青々と生い茂った木々の剪定をしました。

【作業場@旧今宮小学校 】2022年4~6月のオープン日

2022年4月29日(金)・5月28日(土),29日(日)・6月18日(土),19日(日)お知らせ

【作業場@旧今宮小学校 】2022年4~6月のオープン日

photo:草本利枝

<作業場>は、2015年に廃校になった今宮小学校の校庭の一角で、美術家のきむらとしろうじんじんらとともにスタートした活動です。
小学校に残る陶芸窯や倉庫、学習園、廃材など、あるものを活かして、地域内外の子どもから90歳代といった多世代の参加者と共に創造の場づくりに取り組んでいます。
「土の再生やこねる作業から始まる陶芸作業」、「廃材を利用した積み木づくりや木工作業」、「土の循環から考える小さな庭づくり」、「学習園を再利用した畑作業・堆肥づくり」など、様々な作業の準備から片づけまでを参加者のみなさんと行いながら、誰もが立ち寄れる地域に開かれた場としてオープンしています。
見学だけでも大歓迎ですので、興味のある方はぜひ一度お立ち寄りください!

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013」
サポートスタッフ募集