Project

kioku手芸館「たんす」| 西尾美也

Breaker Project 2016-2017

kioku手芸館「たんす」| 西尾美也

[プロジェクト実施期間]2016年5月〜2018年3月


西成区・山王の北門通り沿いにある元タンス店を清掃・改装し、2012年12月にオープンしたkioku手芸館「たんす」は、美術家・呉夏枝と取り組んだワークショップのプロセスから派生して生まれたスペースです。2014年度からは、美術家・薮内美佐子を招き、「つくる」ことを軸にした創造活動拠点として、約2年間にわたるプロジェクトを展開してきました。

オープンから4年目を迎え、地域に定着しつつある「たんす」では、地域の人々(コアメンバー)が運営の担い手になることをめざし、地域に根ざした創造活動拠点の在り方を探っていきます。
今年度は、まずものづくりの拠点として、素材の整理や使い勝手の良い空間づくりをスタート。
毎週オープンに加え、地域の女性たちによる手作りのオリジナルプロダクトの開発と販売をめざし、月イチ程度の週末オープンも計画中。

2016年11月から、美術家・西尾美也を迎え新たなプロジェクトがスタートいたしました。
今後の「たんす」にご期待ください!


活動拠点:kioku手芸館「たんす」
住  所:大阪市西成区山王1丁目11-5 元・鈴木タンス店 ※mapは
こちら
アクセス:地下鉄御堂筋線/堺筋線「動物園前」駅[2]番出口より徒歩5分
 
※ 北門通り沿い「北門交番」の4軒隣/「鈴木タンス店」の黄色い看板が目印です。


西尾美也 - NISHIO Yoshinari

1982年、奈良県生まれ。同県在住。
2011年、東京藝術大学大学院修了。文化庁芸術家在外研修員(ケニア共和国ナイロビ)などを経て、現在、奈良県立大学地域創造学部専任講師。装いの行為とコミュニケーションの関係性に着目し、市民や学生との協働によるプロジェクトを国内外で展開。アフリカと日本をつなぐアートプロジェクトの企画・運営のほか、ファッションブランド「FORM ON WORDS」も手がける。主な個展に「間を縫う」(3331ギャラリー、2011年)など。近年の主なグループ展に「拡張するファッション」(水戸芸術館、2014年)、「あいちトリエンナーレ2016」、「さいたまトリエンナーレ2016」などがある。http://yoshinarinishio.net/

Topics

Breaker Project 2016-2017

主催:ブレーカープロジェクト実行委員会
助成:一般財団法人地域創造/公益財団法人福武財団
/損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)*2016年度
/公益社団法人企業メセナ協議会 2021 芸術・文化による社会創造ファンド*2017年度
ディレクター:雨森信|事務局:松尾真由子/高岩みのり/室谷智子

logo2016-17.png 

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013/2014-2015」
サポートスタッフ募集