Project

花岡伸宏

Breaker Project 2018-2019

花岡伸宏

プロジェクト実施期間|2019年1月〜2020年3月

2018年度より美術家・花岡伸宏を迎えたプロジェクトをスタートします。
今回のプロジェクトでは近年、花岡が取り組んでいる「生活に浸透していくものづくり」をさらに展開させるべく、西成のまちを散策することから始まったものです。そのなかで出会った人々の生活の様子や会話、創作物などを通して感じる共通する感覚や、ものづくりのモチベーションのエネルギー、そして、編み物や縫い物といった花岡にとっての新たな素材と共に「つくるということ」の拡張を図ります。


Topics

Breaker Project 2018-2019

花岡伸宏 - HANAOKA Nobuhiro
彫刻家。1980年広島生まれ。京都在住。2006年に京都精華大学大学院芸術研究科博士前期課程修了。近年の主なグループ展に「六本木クロッシング2019展 つないでみる」(森美術館、2019年)、「東アジア文化都市2017京都 アジア回廊現代美術展」(二条城、2017年)、「still moving @KCUA」(京都市立芸術大学ギャラリー@KCUA、2015年)、「ユーモアと飛躍 そこに触れる」(岡崎市美術博物館、愛知、2013年)などがある。
作為と無作為の間を行き来しながら、身の回りの物や木彫、既製品などを組み合わせた立体作品を主に制作している。
http://hanaoka.p2.weblife.me//


主催:ブレーカープロジェクト実行委員会
   (大阪市、特定非営利活動法人記録と表現とメディアのための組織、一般社団法人brk collective)
共催:大阪府立江之子島文化芸術創造センター [enoco]
助成:一般財団法人地域創造
(2018年度)損保ジャパン日本興亜「SOMPO アート・ファンド」(企業メセナ協議会 2021 Arts Fund)
協力:西成区社会福祉協議会、山王地域活動協議会、天下茶屋地域活動協議会、今宮ふれあい地域活動協議会、NPO法人まちづくり今宮、kioku手芸館「たんす」、炭火焼き備長、中井質店、浅海晴江、板坂昭乃、牛尾緋美子・一琳・東蓉、金木美智子(フリーダム)、草田武子、須藤よし子、谷 良枝、玉越多江子、中田久江、松浦春治、松本香壽子、宮田君代 ほか作品制作に協力いただいたみなさま、MORI YU GALLERY (敬称略・順不同・2020/1/17現在)
展示設営:高橋和広(KUSUNOKI WORKS)、展示協力:後藤雅樹(ジーファクトリー)
グラフィックデザイン:高橋静香
ディレクター:雨森 信
事務局:松尾真由子、高岩みのり、室谷智子

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013/2014-2015」
サポートスタッフ募集