» お知らせ

【終了しました】トーク/ディスカッション『「アートを・育む・まち」―何が未来を耕すのか...? 』開催!

2023年3月18日(土)お知らせ

【終了しました】トーク/ディスカッション『「アートを・育む・まち」―何が未来を耕すのか...? 』開催!

《文化的土壌の形成に向けて》
各地で開催されるようになった芸術祭やアートプロジェクト、また美術館で行われる教育プログラムやアウトリーチ事業が、特定のアートファンだけではない人々へもアプローチし、社会との新たな回路を生み出しつつあります。プログラム/プロジェクトに参加する人が得た何かしらの発見や経験が蓄積し、フィードバックされ、それぞれの気づきや変化が周りへと連鎖、地域における文化的土壌の形成へとつながっていくことが期待されています。一方、実践の積み重ねが必要不可欠であるにもかかわらず、継続していくことの難しさを抱えている現場も少なくないはずです。
2003年よりアーティストと共に創造の現場を日常の中につくってきたブレーカープロジェクトでは、予期せぬ出会いを誘発したり、私たち一人ひとりに潜在する創造性やまちの資源、課題を掘り起こしたり、福祉や教育、まちづくりなど他領域とのネットワークを形成してきましたが、「アートだからこそできること」を原点に戻って考えてみる必要性も感じています。
現在ではあたりまえのように実施されるワークショップやアートプロジェクトですが、今回のトークでは、そういった取り組みの先駆けとなった水戸芸術館や金沢21世紀美術館に立ち上げから関わり、アートを介して多くの人々が関わる仕掛け/しくみづくりに取り組んできた黒澤伸氏をゲストにお迎えし、実験的/創造的な学びの機会をいかに生み出していったのか、そのルーツにも触れながら現在に至る変遷を紐解いていきます。後半は、美術館やアートプロジェクトという枠組みに囚われず、時間をかけて耕されていく文化的土壌に必要なことは何か、広い意味でのラーニングや連携のあり方について考えます。

フライヤーダウンロード

■開催概要 
日 時|2023年3月18日(土) 14:00〜16:30頃(開場 13:30)
参加費|500円
定 員|30名(要申込)
会 場|大阪中之島美術館 1F ワークショップルーム (大阪市北区中之島4-3-1)[アクセス]


ゲスト|
黒沢伸 [(公財)金沢芸術創造財団 芸術・交流アドバイザー/アーツカウンシル金沢統括ディレクター/金沢市民芸術村総合ディレクター]

進行|雨森 信[Breaker Project ディレクター]

プログラム|
1部:「アートの根拠を巡って」黒澤 伸 
2部:ディスカッション「アートが生み出されるまち!?」


■申込方法 
こちらより必要事項を入力、メッセージ欄に「アートを・育む・まち」参加希望・参加人数を明記の上、お申し込みください。
※メールで申し込みいただいてから5日以内に返信がない場合は恐れ入りますが、迷惑メールを確認いただくか、再度メールかお電話にてお問い合わせください。

■ゲストプロフィール 
黒澤 伸
(公財)金沢芸術創造財団 芸術・交流アドバイザー/アーツカウンシル金沢統括ディレクター/金沢市民芸術村総合ディレクター
1959年東京生まれ。89年「水戸芸術館現代美術センター(茨城県水戸市)」の立ち上げに参画。学芸員として美術館の新しい在り方を提示し、日本の現代美術界に新風を吹き込む。97年同美術センターを退館。東京に戻り約1年間フリーランスのキュレーターとして展覧会の企画を手がけた後、99年、「金沢21世紀美術館(石川県金沢市)」に学芸員として就任。約5年間の準備期間中に建物の設計から関わり、その一部として設置されるコミッションワークの導入などを担当するほか、エデュケーターとして様々なプロジェクト/プログラムに取り組む。20年に同館副館長を退任後、現職。


主 催:ブレーカープロジェクト実行委員会(大阪市、NPO法人記録と表現とメディアのための組織、一般社団法人brk collective)
協 力:大阪中之島美術館
助 成:一般財団法人地域創造
ディレクター:雨森 信
事務局:高岩みのり

ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013」

Archives