Project » ex・pots

【2月15日(日)〜3月9日(日)】山田亘「西成なるへそ新聞」

2014年2月15日(土)〜3月2日(日)ex・pots

【2月15日(日)〜3月9日(日)】山田亘「西成なるへそ新聞」

山田亘によるプロジェクト「西成なるへそ新聞」は、2013年3月よりスタートし、一般公募により集まった有志による編集メンバーとともに、取材・制作・発行を行う編集ワークショップを3週間毎に実施し、約10ヶ月かけて全25号を発行しました。
本展では、新聞全号の展示のほか、今回のプロジェクトに関連する資料や山田がこのエリアで撮りためた空き地の写真などを展示します。

「西成なるへそ新聞」は、『新聞は街だ』と山田が言うように、様々な時代が混在する紙面上の記事は、まちの区画や家のように扱われ、新しい記事を入れる際には、古い記事を取り壊し(切り取って)一旦「空き地」にしてから、新たな誌面がつくられるという点がこの新聞の特徴です。
各号では、個人の記憶にもとづいて語られたエピソードが記事となるほか、住民による連載コーナーもあり、発行された新聞はまちなかに毎回設置され、山王周辺のエリアにて愛読され浸透しています。
これまで語られることのなかった個々人の記憶から新たな地域像を再発見する機会となれば幸いです。

Photo:Ko Yamada


■enoco会場

 江之子島文化芸術創造センターでは、西成区の山王エリアにて長期的にプロジェクトを行ってきた呉夏枝と山田亘の2 名のアーティストによる展覧会を開催します。言葉にできない「沈黙の記憶」を想像し、未来へとつないでいく装置として作品をつくる呉と、記憶を語り/聞く行為自体を創造的な行為と捉え、そこから生まれる物語を新聞として記録する山田。それぞれのアプローチは異なりますが、大文字の歴史では取り上げられることのない、日常のなかの「個人の記憶」に焦点をあてた活動/作品を発表します。
[共催]大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]


|日 時|2014年2月15日[土]〜3月2日[日]※月曜休館 11:00-19:00 ( 最終日は17:00 まで)
|会 場|大阪府立江之子島文化芸術創造センター[enoco]1F ※map
|料 金|一般 300 円/高校生以下 無料


<同時開催> 山田亘 空き地ツアー+トーク

「西成なるへそ新聞」で主に取材を行った西成区・山王エリアの「空き地」を巡りながらまちを歩くツアーと、1年間の編集ワークショップを振り返るトークを編集長・山田亘のナビゲートで開催します。


|日 時|2014年2月16日(日)14:00〜16:00
|会 場|新・福寿荘 ※map
|料 金|無料
|定 員|15名(要申込・先着順 )
|申込先|info@breakerproject.net


ドキュメントブック「Breaker Project 2006-2010/2011-2013/2014-2015」
サポートスタッフ募集

Archives